[ BACK ]
  [ 情報 ] [ 操作 ] [ ルール ] [ 役:1 ] [ 役:2 ] [ 用語 ]
JAPANESE | ENGLISH
役:2[役満]
役満
ダブル役満


役満
天和[テンホー]:
親の第一ツモ(配牌時)で和了形式が出来ていれば、成立します。

地和[チーホー]:
子の第一ツモで和了形式が出来ていれば、成立します。
第一ツモまでの間で、暗カンを含む鳴きが行われていれば不成立です。

字一色[ツーイーソー]:


全て字牌のみでそろえます。
刻子か対子のみになります。

四暗刻[スーアンコー]:
(ツモ)

暗刻を4つそろえます。
(上記の例では、シャンポン待ちのため、ツモにより暗刻4つ成立になります。)

緑一色[リューイーソー]:


索子の2、3、4、6、8と發のみを使って、組み合わせをそろえます。
發が無い場合でも成立します。

小四喜和[ショウスーシーホー / ショウスーシー]:


役の説明

大三元[ダイサンゲン]:


役の説明

九蓮宝燈[チューレンポウトウ / チューレン]:


同種の数牌で1と9が3枚、その他が1枚以上ある組み合わせでそろえます。
(上記の例では1筒でも和了になりますが、その場合は九蓮宝燈は成立せず、清一になります。)

清老頭[チンロウトウ]:


老頭牌のみで刻子をそろえます。

国士無双[コクシムソウ]:


ヤオ九牌全てを1牌ずつと、雀頭となる1牌分を加えた形でそろえます。

四槓子[スーカンツ]:


 

4つの槓子をそろえます。
一人でカンを4回行った場合は流れませんが、5つ目のカンを他家が行った場合は流局となります。

大車輪[ダイシャリン](ローカル役):


2~8の筒子のみで七対子をそろえます。
形式としてはニ盃口の解釈もできるため、採用していない場合は門前・清一・ニ盃口となります。
ルール設定により、採用有無が設定可能です。

四連刻[スーレンコー](ローカル役):


連番の刻子を4つそろえます。
採用していない場合は、役解釈で一番点数が高いものが採用されます。 (順子ととらえるか、刻子ととらえるか、鳴きの有無等で異なる。)
(上記の例では 2-2-2、3-3-3、4-4-4、5-5-5 の連番です)
ルール設定により、採用有無が設定可能です。

紅孔雀[ベニクジャク](ローカル役):


索子の 1、5、7、9 と 中 のみの組み合わせでそろえます。
使用できる牌が限られているため、全てを使った対々の形式になります。
ルール設定により、採用有無が設定可能です。

大七星[ダイシチセイ](ローカル役):


字牌全てを使った七対子の形式でそろえます。
かならず字一色と複合することになります。
ルール設定により、採用有無が設定可能です。

十三不塔[シーサンプーター](ローカル役):


第一ツモで、雀頭以外の一切の組み合わせが存在しない場合に成立します。
7-9 の様なカンチャンすら存在しません。
第一ツモまでに、暗カンを含む鳴きが発生していないことも条件です。
ルール設定により、採用有無が設定可能です。

数え役満[カゾエヤクマン]:
通常の和了役で、合計翻数が13翻数以上になった場合に、数え役満とします。

 
ダブル役満
大四喜和[ダイスーシーホー / ダイスーシー]:


全ての風牌で刻子をそろえます。

国士無双十三面待ち[コクシムソウジュウサンメンマチ]:


ヤオ九牌全て1牌ずつそろえた状態でテンパイし、雀頭を待つ形式で和了します。
麻雀では、最多の13面待ちになります。

四暗刻単騎[スーアンコータンキ]:


門前で4つの刻子をそろえた状態で、雀頭を待つ単騎待ちの状態で和了します。

純正九蓮宝燈[ジュンセイチューレンポウトウ]:


九蓮宝燈で、1、9が3牌、他全てが1牌揃っている状態でのテンパイし、和了します。
1~9のいずれが来ても和了可能な、9面待ちになります。